MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

ひざ・股関節 手術と診断された方へ

ひざ・股関節 手術と診断された方へ

本当に手術が必要な方は

手術といわれても、ほかに治療法はないか?といろいろと調べたり、試したりされています。

手術はしたくない・手術を避けたい・・・
など切実な声を多く耳にします。

一度、自分で治せる運動療法で、ご自身の疾患と向き合ってみませんか?

せっかく膝・股関節治療を受けるならば、エビデンスのある治療にしませんか?

※「ゆうきプログラム」は膝・股関節の治療法において唯一エビデンス(学会で効果が証明された)を有する治療及び運動法です。詳しくはこちら




=股関節疾患=

※股関節施術例3万名弱の経験をもとにして下記の項目に1つでも該当するものがありましたら、股関節手術の可能性が高くなりますので股関節手術を回避するため早期の受診をお勧めします。

●左右のみかけ上の脚長差に2.5pほど左右差が出てきた方
●左右の太ももの周径に4pほど左右差が出てきた方
●立位の時、膝が17p以上上がらなくなってきた方(17pとは一般的な階段の高さ)
●足が肩幅より開かなくなってきた方
●正座の姿勢の状態で、お辞儀ができなくなってきた方
●下に落ちたものが拾いにくくなってきた方
●杖をついても15分以上歩けなくなった方
●痛み止めを服用しても痛みが取れない方
●ひざ痛・腰痛が以前よりも激しくなった方


=膝疾患

※ひざ関節施術例26000名の経験をもとにして下記の項目に1つでも該当するものがありましたら、ひざ関節手術の可能性が高くなりますのでひざ関節手術を回避するため早期の受診をお勧めします。

●上半身を起こし足を伸ばした際、床と膝裏の隙間が3p以上あいている方
●上半身を起こし足を伸ばした際、膝蓋骨(ひざのお皿)が全く動かない方
●うつぶせ寝で、膝を屈曲した際、135度以上曲がらない方
●上半身を起こし足を伸ばした際、膝の内側と膝の内側に5p程度隙間ができる方(O脚)
●慢性関節水腫・リウマチを患っていらっしゃる方
●前十字じん帯損傷の方
●杖をついても15分以上歩けなくなった方
●痛み止めを服用しても痛みが取れない方
●膝の骨増殖が激しいく熱感や腫れがある方


=脊柱管狭窄症疾患=

※脊柱管狭窄症施術例14000名の経験をもとにして下記の項目に1つでも該当するものがありましたら、脊柱管狭窄症手術の可能性が高くなりますので脊柱管狭窄症手術を回避するため早期の受診をお勧めします。

●100メートル以上一度に歩けない方
●間欠性跛行があると医師から言われた方
●ブロック注射を打っても痛みが解消されない方
●痛み止めを飲んでも痛みが解消されない方
●排尿排便障害に気づかれた方



なお、上記の症状が出てきた方で、当院の運動療法で治療を行っても改善されない場合は、専門の医師をご紹介し手術をお勧めすることもございます。

手術と言われた私が・・・

ひざ・股関節の軽い痛みで医療機関を受診されたところ、あなたのひざ関節や股関節は「いつか手術をしないとだめですね」と言われました。突然の宣告に頭が真っ白になり、どのように返事をしたかさえも覚えていません。
医師の説明によると、臼蓋形成不全で軟骨が減り将来的には手術を考えてくださいとの話です。

特別痛くもなく、現在の生活に不自由も感じていないのですがなぜ?
「何か手術を避ける方法はありませんか?」とお尋ねしたら、明快なお話はなく、「とにかく何でも好きなことをして下さい」と言われました。さらに食い下がり、「筋力運動はどうですか?」とお聞きすると、「運動はしても大丈夫」と言われましたので、「どのような運動をしたらよいですか?」と質問したら「筋肉をつけてください」とだけ言われました。

どのような筋力運動をしたらよいかも分からず、帰り道、書店に寄り色々な本を探しました。
書棚には数多くの本がありますが、どれを行っていいか分からず、自宅に帰りパソコンで様々な療法と書籍を調べましたところ、世界変形性関節症学会に認められた治療法、世間でよく言うエビデンスのある治療法と分かり早速「ゆうき指圧」をたずねました。

ゆうき指圧に訪れましたところ、私の現状に対する質問がおよそ100個程の質問をされました。
このようなたくさんの質問をされることに大変驚きました。

@ゆうき指圧が考える手術が必要かどうかのお話
A手術の延期あわよくば回避できないかといったお話


上記の2点をお話しいただき、私の治療計画を立てて頂き、目標に向かって進んでいくことが決まりました。

治療のスケジュールに応じたチェックリストを頂き、一歩一歩確かめながら手術の延期・回避に向進んでおります。


ちょっと待って!その手術

手術を受ける前に!


あなたの関節手術は本当に今必要でしょうか?
現在の状況に併せて手術を延ばしたいと思っていませんか?
手術が必要かどうか?
もう一度考えてみませんか?

当院では、手術と決まった方でも90%以上の方が、手術を延期・回避をしていらっしゃいます。
膝痛・股関節痛は自分で治せますので、ぜひ一度ご相談ください。

膝・股関節・脊柱管の手術は・・・
幸いなことに、緊急性のある手術が必要な病気ではありません。
しっかり・ゆっくりと考えましょう。


@ひざ・股関節・脊柱管狭窄症疾患は進行性の病気です

お気づきだと思いますが・・・
湿布・電気・痛み止め・指圧・マッサージだけの治療では治りません。


A手術と言われたとき

臼蓋形成不全や軟骨減少だけが原因ではありません。

あなたの痛みは本当に骨の形状や軟骨減少だけが、原因でしょうか?

現在あなたの痛みには、痛みが楽な日や、痛みが強い日はありませんか?

もし、日によって痛みが違うのであれば、骨や軟骨が原因の痛みとは限りません。
むしろ、靭帯や関節包が原因の場合が多いと考えられます


あなたに合った、痛みの解決法を一緒に考えませんか?


B基本は体のバランス

朝起きたらまず最初に行うこと!!
上半身と下半身をつなぐ骨盤を整え左右の足の長さを揃える運動を指導させていただいています。

当院では今のお体に合った運動を20種類程度、ご指導しています。

ここで大切なことは、今の症状(現状)に合った運動プログラム

すでにお手元にゆうきプログラムをお持ちの方。
ずいぶん前に作成したプログラムを続けることはもったいない!!

身体は日々変化します。
今の症状に合った運動プログラムを更新しませんか?

手術前にこんな治療法があります

ゆうき指圧(大阪)は、膝関節・股関節・脊柱管狭窄症において「日本一喜んでいただけるオンリーワン治療」の確立を目指し、日々研究いたしております。

現在ご来院頂いております患者さんの大多数の方が望んでいらっしゃることは、手術を避けたい」「少しでも延期したいというのが心情のような気がします。

ところが、各医療機関を受診されますと「手術しか方法がありません」や「いつ手術しましょうか」など、手術ありきの話しか聞かれないことが多いようです。
さらに、各病院や医師により手術を行う基準が、統一されていないのが現状だと考えます。
色々な説明を受けますが、患者さんにとってはまず手術ありきという考えは、よほどでないと受け入れられないというのが現実です。

何を言われようが、手術はしたくないというのが本音だと思います。

しかしながら、医師からの説明は「手術しかありません」といった言葉が返ってくるだけです。

そこで、様々な本屋を回ったりインターネットで情報を得ようとされ、そのような中で、当院にご来院された方は現在までひざ関節痛26000名、股関節痛で27000余名ほどとなります。

手術の判断基準

手術しかないと言われても、「本当に必要なのか?」と「他の方法はないのか」と、誰しも考えると思います。

当院では、膝・股関節・脊柱管狭窄症の手術は独自の判断基準を設けております。

治療に際しては約200項目以上の質問をしながら、病人としての患者さん・病気となった関節との対話を十分に行い、その方に適した治療法のご提案をしながら、手術を行うかどうかの判断とさせて頂いております。

関節の可動域や痛みなど、判断基準は多岐にわたります。

当院へご来院の方々のほとんどが、「手術しかない」と言われ、日本全国からお越し頂いております。
その中の約85%の方に、「温存療法・保存療法すなわち手術の延期さらにあわよくば回避の治療を行ってみませんか?」とご提案させて頂きます。


これなら、手術は回避できるのではないか?
これなら、手術を延期できるのではないか?
と、お話しさせて頂きます。


しかしながら、独自の判断基準でも約15%の方には、
「この状態でしたら、手術した方が早いです」と手術をお勧めするのも現状です。


その場合は、ひざ・股関節・脊柱管狭窄症において、患者さんにとって一番最適なドクターのご紹介もさせて頂いております。

手術と言われたら・・・
一度、手術以外の方法もあることを念頭に・・・
あなたにとって一番良い治療法は何かと考えてみませんか?


医療機関の選び方

まず私共は、他の治療院や医療機関に対して意見するつもりはございません。

ただ新患で見えられる患者様の15%ほどの方は医療機関及び治療院診察後すぐ手術を勧められている方がおられます。
そのような患者様にお聞きすると「数年間にわたり股関節の治療を他の医療機関や他院で受けてきたけど良くならない。こちらが最後の砦と考えわらをもつかむ気持ちでまいりました」という切実なお言葉をお聞きすることが多々あります。

実際患者様の治療はレントゲンを見るだけや薬を渡されるだけ、むやみに治療回数と月日を浪費している事も多く見受けられます。

簡単に治療家及び医療機関を見極めるこつとして
●質問に対して十分納得できる答えをこたえてくれるか?
●患者様に即した治療計画を作ってもらえるか?
●その疾患に対して専門性が高いか?
●優秀で経験豊富な医師との連携がおこなれているか?
●治療回数がやたら多いところはお勧めしません


上記の項目にご自身が思い当たる場合早急にもう一度治療所及び医療機関を見直していただきたいと考えます。

HOME > ひざ・股関節 手術と診断された方へ

06-6607-1013

電話受付時間9:00〜14:00
診療時間9:00〜17:00
診療日月〜土 完全予約制