東京心身障害児総合医療療育センター伊藤順一先生ならびに長野県浅間総合病院整形外科医長角田俊治先生両医師のご協力によりご指導・ご相談を受けて頂けることになりました。これにより従来お断りさせて頂いていた18歳以上の若年層の方の治療もお断りすることなく治療させて頂く事となりました。


ちなみに当治療院におきましても過去16歳から25歳までの股関節疾患をお持ちの方の治療経験はおよそ700余名を経験してまいりました。しかしながらこの世代の治療における参考文献も少なく自分自身の治療が本当にこれでよいのか?といった治療に対する自問自答の毎日を送ってまいりました。そこで各病院の先生方のご指導により、より一層効果的な治療を目指し努力いたしたく考えております。

今までは、この年代(16歳から25歳まで)の方の治療を避けて参りましたが、今後は積極的に相談及び治療を行いたいと思っております。
また患者さんにより様々な医療機関をご紹介し、医師との連携を図りつつ、より良い治療法の確立を目指し邁進いたします。


今日までは16歳以上の方は成長期であり、また妊娠出産といった人生における大きな節目を迎えてらっしゃる年代のため、患者さんとの個人的つながりのない限りはすべて治療をお受けいたしませんでした。
それが今までの治療姿勢でしたが、私どもにとって治療における素晴らしい協力者を得ることにより、今後は16歳以上の方々も原則お引き受けすることといたしました。


今までの非礼深くお詫びいたしますと同時に患者さんにとってより良い治療を得れるような体制に持っていきたいと思っていますのでよろしくお願いいたします。


【16歳から20歳前後】
この時期におきましては、進学または就職といった時期を迎えます。
お子さんが親元を離れ学生生活を送るか、就職により社会に飛び込むといった時期を迎えます。
この期におきましては、医師との手が離れどのように生活していいか最も悩む時期となります。
ある人は医療機関からの解放により、激しいスポーツを選ぶ方、またある人は疾患に対し慎重になりすぎまったくスポーツを行わないといった両極端な選択を行う方もいらっしゃるようです。
そこでこの年代に関しましては、「筋肉を柔らかくする」ことをメインに考えます。

1 筋力間バランスの調整法
2 靱帯関節包の調整
3 アライメント調整
4 骨盤調整
5 脚長差調整
6 膝・股関節さらに足関節の可動域調整及びケア

(各自により上記の優先順位は変動します)

上記関節のケアを主眼として治療にあたってまいります。


【20歳から23.24歳まで】
この年代におきましては、就職といった大きな生活の変化を迎えます。面接の際は少しでもきれいな姿勢に見えるようによりきれいな動作ができるよう願う方が多い時期を迎えます。
そこでこの年代に関しましては、「各関節の連動を主眼にし、きれいな動作ができる」ことをメインに考えます

1 骨盤調整
2 靱帯関節包の調整
3 防御姿勢をいかに目立たなくする(お尻を突き出す姿勢や痛みを人に悟られないような姿勢及び動作)
4 脚長差調整
5 筋力間バランス及び伸筋活用法
6 膝・股関節さらに足関節の可動域調整及びケア

(各自により上記の優先順位は変動します)


【25歳以上】
この年代は、社会人としても大いに活躍し始め、ご自身や友人の結婚式などイベントが多い時期となります。
そこでこの年代に関しましては、「各関節の連動と筋力強化を主眼にし、イベントに対応できる」ことをメインに考えます
 また、この頃より関節に違和感を感じる方が多いようです。

1 骨盤調整
2 靱帯関節包の調整
3 過度の前弯における腰椎間の調整と腰仙関節の調整
4 筋力間バランスの調整
5 脚長差の調整
6 膝・股関節さらに足関節の可動域調整及びケア

(各自により上記の優先順位は変動します)


【出産直後】
当院では出産直後の体操を創っており、ご自宅で行って頂いております。

なお私どもが提唱させて頂いている一つとしては、ご自身に痛みや可動域狭小化の実感がない場合におきましても、先天性疾患の既往をお持ちの方は、30歳35歳40歳45歳といった年代の節目を迎えた際には、必ず整形外科での検診を受けていただく事をお勧めしております。

さらには、下記のような方には是非検診を受けて頂く事をお勧めいたします。


1 親族間において股関節疾患をお持ちの方がいらっしゃる場合
2 30歳くらいまでに事故や怪我を経験された方や腰椎・骨盤・下肢の骨折を経験された方

35歳から40歳以上方
当院にお問合せの多い時期となります。
「先天性股関節脱臼と診断され装具の装着もしていました。
今まで生活において不便に思うこともなかったのですが、急に股関節に違和感を感じ、痛くて歩行もままならない・・・」といったお問合せによりご来院される方が多いのもこの時期に多い特徴です。

通常のゆうきプログラムを指導させていただきます。