脊柱管狭窄症治療

HOME よくある質問 お問い合わせ 当院案内 アクセス
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

HOME > 脊柱管狭窄症治療

脊柱管狭窄症治療

脊柱管狭窄症治療

※ご注意ください!

最近、当院でゆうきプログラムを勉強したと公言する治療院が増えております。
当院でゆうきプログラムを勉強した方々には、A4サイズの認定証を発行しております。その有無をお確かめになってから治療して頂きますようくれぐれもご注意ください。

脊柱管狭窄症の即戦力となる本

ゆうき指圧の脊柱管狭窄症・最新治療をご紹介しております。

膝・股関節専門治療からの切り口で、原因別治療法を創り上げ、高い改善率を誇る画期的な本です。

脊柱管狭窄症を自分で治す!(主婦の友社)


お求めは全国の書店・Amazonでお求めください。

研究所からのプレゼント

脊柱管狭窄症手術の延期・回避プログラム

脊柱管狭窄症手術を自分で回避できる!

出版: ゆうき膝・股関節研究所
初版: 1995年1月

脊柱管狭窄症とは

加齢など様々な原因で骨・関節・椎間板・靱帯等が肥厚し、腰椎内部の神経が通る管(脊柱管)が狭くなることにより神経組織が圧迫され、血行を阻害する状態

脊柱管狭窄症には様々な原因がある

【図をクリックすると大きくなります】

法律上許可なくプログラムの無断転写、複写を禁ずる。

脊柱管狭窄症チェックリスト

○ 中高年・高齢者・50歳以上である

○ 長時間歩く事が出来ない

○ 腰痛はあまり強くない

○ 安静時、症状はほとんどない

○ 背筋を伸ばして立ったり、歩いたりすると太ももや膝から下にしびれや痛みを感じて歩きつらい
→前かがみになったり、腰かけたりすると痛みが軽減する

○ 専門医から脊椎分離症・前すべり症・股関節症・と診断されたことがある。

○ 膝関節全置換術を行った事がある

○ 先天性・後天性の側弯症がある

○ 若いころ、椎間板ヘルニアを患ったことがある

○ 若いころ、重労働や重い荷物を持つ等の職業で無理をした事や、腰を痛めた事がある

○ 長時間運転する

○ 足や腰に痛みやしびれを感じたり、足に力が入りにくかったりする

○ 足先が持ち上がらない

○ 階段でよくつまづく

○ スリッパが脱げやすい

○ 上向きで寝ると坐骨神経痛が発生し、横向きで寝ると楽になる

○ 前かがみの姿勢で歩くと楽。
  自転車での移動なら痛みやしびれが出ない。

○ 腰の痛みは少ないが、お尻から足にかけて痛みやしびれが強い。

○ 会陰部の違和感や排尿・排便の障がいがある。

○ 下半身の筋力低下やこわばり、脱力感を感じる

○ 高いところのものを取るとき、腰に痛みやしびれを感じる

○ 仕事を終えた夕方に腰の痛みが顕著になると感じる。

○ 股関節・ひざ・足首のいずれかに痛みを抱えている

○ お尻を後ろに突き出して歩いていると言われる。

○ 歩行時に尿意を催す


上記項目が4つ以上当てはまったら「脊柱管狭窄症」が疑われます。
まずは、病院で専門医の検査を受けましょう。


受診のタイミング

【図をクリックすると大きくなります】

法律上許可なくプログラムの無断転写、複写を禁ずる。

その治療法で大丈夫ですか?

腰痛には多くの治療法があり、各病名により治療法は異なるはずなのに、他の腰痛と同じような治療法となっていました。
例えば、腰痛だからといって、腰部をうつ伏せの状態で押すようなマッサージを受けてらっしゃいませんか?
脊柱管狭窄症疾患であれば、押すようなマッサージは決して良いとは言えません。

ゆうき指圧では、ご自分でできる「骨盤の調整」や、「脚長差の調整」等を指導し、現病部位に対し除圧と保護を行い、狭窄の進行を防ぐ治療に力を入れています。

私共は治療を行う上で、他の病名における治療とは分けて考える必要があるため、
事前に専門病院を受診して頂くことをお勧めしております。

悪化させないための日常生活の注意点

【図をクリックすると大きくなります】

脊柱管狭窄症に有効な運動

ゆりかご運動

上半身を起こし、両ひざを深く曲げます。タオルで輪っかを作り、ひざ裏に通します。
上からタオルの下の部分(ひざ裏を通っている部分)を両手で持ち、ゆりかごのように前後に体を揺らします。
(起き上がりこぼしのように)30〜50回程度行ってください。
※腰の4・5番が悪い方は太ももの中央にタオルを通して下さい。
※腰の2・3・4番が悪い方はひざ裏付近にタオルを通します。
あくまでも目安として行ってください。



※ベッドで行う場合は、転落に注意してください。
※腰、首などに痛みが出た場合はすぐに中止して下さい。
痛みが治まれば再開して下さい。




猫背を治す運動

うつ伏せで寝て、片足を目いっぱい上げて反対側に倒します。
1回5秒 左右5回ずつ行います。



※腰が痛くない程度に足を上げてください。



イルカ体操

上向きで寝て、両ひざを30度くらいに曲げます。
両手を頭の上にあげた状態で両手を合わせ上方に突き出します。
ひざを揃えて、腰と背中を左右に10秒間出来るだけ大きく揺らします。
(スピードはご自分で調整して頂いて結構です)
1回10秒 1日3〜5回行います。寝る前に1回していただくと翌朝楽になります。



※首・肩・背中に痛みがある場合は、手を上げずに身体の横に置いて行ってください。


注意点
※血圧が高かったり、めまい、ふらつきがある場合、
また熱や悪寒を感じる等の体調不良時は体操を行わないでください。
※いずれの運動も、痛みが出た場合は中止してください。痛みが軽くなるか、
もしくはなくなったら再開してください。
※回数は必ず守ってください。
※体操を行う場所が、ベッドなどの転落・転倒・滑りなどの可能性がある場合は十分にお気を付けください。


腰痛の調査とお問い合わせの多い症状

腰痛の疾患名を調査したところ、ある大手製薬会社と大学医学部が行った、40歳以上の男女8万人を対象にした大規模調査では65歳以上の4人に1人が腰部脊柱管狭窄症に該当し、今度もさらに患者数の増加が懸念されると報告されました。

股関節疾患と腰痛の双方で悩む方の腰痛は、70%以上が脊柱管狭窄症である、とも言われています。
膝関節手術後(内視鏡手術は除く)の方の、2〜3年後に発症する腰痛の3割から4割は、脊柱管狭窄症の疑いがあると言う報告もあります。
側弯症をお持ちの脊柱管狭窄症の方は、正式なデータは出ておりません。

変形性腰椎症・変形性椎間板症・脊椎すべり症・過度の前弯、さらに思春期や青年期において、激しいスポーツをされた方にも、脊柱管狭窄症の発症が多くみられるようです。

上記の理由により、脊柱管の一部に狭窄がみられる方には、坐骨神経痛の痛みやしびれ、排尿・排便障害さらに、会陰部のかゆみ等が感じられるようです。

また歩行における最大の特徴は、間歇性跛行(かんけつせいはこう)です。


Q.腰部脊柱管狭窄症はどうして起こるのですか?

A.前のページにも記載いたしましたが、先天的なもの・加齢によるもの・股関節疾患によるもの・膝関節疾患によるもの・側彎症によるものといった分類を行なって、といった事が発生原因ではないかと考え、治療を行なっております。


Q.どのような治療をしてもらえるのですか?

A.先ず医師との連携が最重要と考え、罹患部位や症状進行の度合い等を考え、治療に当たりますが、先ず脚長差と骨盤調整、さらに仙腸関節の調整を行います。
次いで腰仙連結の調整と各筋力のバランスを整えることがまずは第一段階の治療と考えます。


Q.腰部脊柱管狭窄症でしてはいけないことはありますか?

A.反り返るような姿勢は行わないで下さい。
マッサージ等でうつぶせ寝で腰部を指圧するような事はやめて下さい。
発生の原因によっては異なりますが筋力バランスを整える事が重要と考えます。
動作におけるリズムを作り出す必要があります。
フラットシューズを履かないようにして下さい。
腰や腹部を冷やさないように注意して下さい。


Q.脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアの見分け方はありますか?

A.レントゲン・MRIで診断することが先決です。
しかしながら脊柱管狭窄症の場合は、レントゲンやMRI上で異常がなくても症状がある方。
逆に、レントゲンやMRIで異常が見られるにも関わらず、症状がない方、又は軽い方・・・があり、診断はなかなか困難なようですが、大雑把な見方として
@-1腰部に痛みがあり坐骨神経痛を伴う場合は、椎間板ヘルニアの疑いあり。
@-2腰部に痛みがないにも関わらず坐骨神経痛がある方は、腰部脊柱管狭窄症の疑いがあるようです。
A-1前屈すると激しい痛みがある方は、椎間板ヘルニアかも知れません。
A-2後屈(反り返り)の際、激しい痛みがある方は、腰部脊柱管狭窄症かも知れません。


また、ご心配でしたらチェックリストをご参照下さい。

法律上許可なくプログラムの無断転写、複写を禁ずる。

なぜ脊柱管狭窄症を「膝・股関節専門」なのに治療対象としたか?

このデーターをどう思いますか?
私共ゆうき指圧のデーターとしたしまして

1 股関節痛をお持ちの方で、腰痛を併発されている方の割合はおよそ80%
2 膝関節痛をお持ちの方で、腰痛を併発されている方の割合はおよそ54%


*内訳*
股関節における腰痛の診断名(医師による)12400例のうち、およそ75%が脊柱管狭窄症。
残り11%くらいが椎間板ヘルニア、残りはその他の疾患となり、膝関節痛での脊柱管狭窄症の割合は
およそ9500名のうちのおよそ39%が脊柱管狭窄症です。
残りの40%くらいが椎間板ヘルニア、残りはその他の疾患と考えております。
(ただし診断名は各患者さんの受診されました、各整形外科での診断名です)


上記のごとく、膝・股関節疾患の大多数の方が、脊柱管狭窄症といった病名の腰痛をお持ちでいらっしゃいます。

にも関わらず、今まで脊柱管狭窄症の治療は完全ではありませんでした。

実際の腰痛の治療におきましては、椎間板ヘルニアの治療やその他変形性腰椎症の治療といった治療とごちゃまぜになっていたように思います。
また、脊柱管狭窄症の治療を知らない方が多かったため、脊柱管狭窄症の治療がどんどん遅れ、手術しか手立てがない状況になった方が多かったのも事実です。
さらに言えば、股関節痛と脊柱管狭窄症の痛みを分類できずに、手術に追い込まれた方が多数いらっしゃった事も事実です。

その結果どこが悪いかがよくわからずに、

1.股関節の手術をした後も、杖が欠かせないといった状態に陥る人も少なくありません。それは、適切な治療が行われなかったということではないでしょうか?

2.脊柱管狭窄症の発見が遅れ、数回の手術を受けなければならない程、重症になった方もいらっしゃいます。

膝関節・股関節痛はなくなっても、「脊柱管狭窄症の痛みを何とかしてください!」とのご要望が多く、そこで10数年前より脊柱管狭窄症の研究を始めました。

従来の膝・股関節痛の「ゆうきプログラム」に、新たに腰の脊柱管狭窄症の痛みを取る運動を加えました。


法律上許可なくプログラムの無断転写、複写を禁ずる。

脊柱管狭窄症を引き起こす5つの大きな原因と治療法

膝関節痛や股関節痛をお持ちの方の脊柱管狭窄症の運動療法における治療

運動療法(筋力強化およびストレッチ)と言った治療法と致しまして、まず膝関節治療・股関節治療を優先し、骨盤の安定化と脚長差の調整を行います。

これにより骨盤の前傾・後傾等を調整し、脊柱管狭窄症の痛みを軽減します。
ついで、これが実現した後、脊柱管狭窄症の運動療法として、筋力強化やストレッチを用います。
上記が脊柱管狭窄症における大きな治療概念です。

脊柱管狭窄症を起こす5つの原因

1.加齢によるもの(膝・股関節側彎といった疾患のないもの)
2.側弯症によるもの
3.膝関節痛によるもの
4.股関節痛によるもの
5. 先天的な要素をお持ちの方

ごくごく簡単に治療の説明を致します。

1.加齢によるもの
若い青春期における無茶な運動や中高年期における椎間板の変性や、偏った動作による変形や筋力間バランスの異常が発生の大きな要因と考え、上記の要因を1つずつ改善していくといった治療を考えております。

2.側弯症による脊柱管狭窄症や先天性による脊柱管狭窄症をお持ちの方の治療方

側湾の治療において、先天的要素があるものは改善されるまでに長期間要しますが、後天性の側湾症の場合は
症状の軽重はありますが、比較的快復は早いように思います。
また、先天性の側弯症をお持ちの方は上記の側湾と同じですが、上下関節の調整および治療と骨盤の調整と脚長差の調整を主と考え治療に望んでおります。


法律上許可なくプログラムの無断転写、複写を禁ずる。

前のページに戻る
ページの先頭へ