本当にこの治療法でいいの?

HOME よくある質問 お問い合わせ 当院案内 アクセス
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

HOME > 本当にこの治療法でいいの?

本当にこの治療法でいいの?

本当にこの治療法でいいの?

その関節治療・・・・いいの?

1、ただ単なる筋力強化は逆効果

関節活動域を考えずに、筋力強化を行うと関節を破壊する可能性が高いです。


2、ただ単なるストレッチングは関節や筋肉に逆効果。

ストレッチの過信は筋肉の損傷を招き、関節の破壊につながります。


3、痛みを伴う治療は逆効果。

治療における痛みの発生は、身体における危険信号です。


4、関節を支点にする運動治療は逆効果。

軟骨・靭帯・腱・関節包の損傷を引き起こします。


5、痛みのある関節だけを治療しても効果なし。

身体は互いに代償しあう働きをもつ為、一関節だけの治療は効果が薄い。


6、ひねりを加えるような運動治療は逆効果。

軟骨・靭帯・腱・関節包の損傷を招きます。


7、関節に体重を加えての運動は逆効果。

軟骨・靭帯・腱・関節包の損傷を招き、症状をさらに進行させます。


8、関節に衝撃を与えるような運動は逆効果。

軟骨・靭帯・腱・関節包の損傷を招き、症状をさらに進行させ手術を早めます。


9、無理にきれいな歩き方を行うのは逆効果。

関節は互いにかばい合い、歩行・動作を行っております。すなわち現在の歩き方は症状を反映しており、その時点での最良の歩き方です。関節の快復は自然に美しい歩行につながります。
そのため、無理・我慢して美しい歩き方をする必要はありません。


10、ただ単なる筋力強化法は効果なし。

各筋力間のバランスを考えずに行われる、筋力強化は効果なし


11、ただ単なるマッサージ・指圧等は効果なし。

マッサージ・指圧の効果はありますが、病状における知識や治療経験が無ければ、治療は一過性のものと考えます。股関節マッサージを行っていただく際は軽く行ってください。強い刺激は人体組織を破壊するためご注意ください。


12、治療は自身で行わなければ効果なし。

他人任せの治療ではなく、最良の名医はご自分です。


13、専門医による正確な診断無しでの治療は効果なし。

病状・症状における正確な診断なくして、治療はありえません。


14、治療は家族の理解と協力がなければ効果なし。

ご家族の方の評価は最も冷静な評価であり、治療における応援団です。家族全員で!頑張りましょう。


15、ペルビックリアライメント(骨盤と全身アライメント)なくしての治療は効果なし。
身体が歪んだ状態での筋力強化は効果なし。また逆効果にもなり得ます。


16、脚長差の調整なくしての治療は効果なし。

足の長さの調整をせずに行う、筋力強化は効果なし。必要な筋肉がつきません。


17、左右上前腸骨棘の調整なくしての治療は効果なし。

骨盤の前傾・後傾を考えずの治療は効果がありません。


18、骨盤の高低差を無視した治療は効果なし。

左右大転子の調整なくしての治療は効果がありません


19、左右仙腸関節の調整なくしての治療は効果なし。

骨盤調整の一部を占める、仙腸関節の調整なくしての治療は考え辛い。
仙腸関節調整は重要な手法です。


20、腰仙連結の調整なくしての治療は効果なし。

誰もが見逃していた、腰仙連結は骨盤調整の1つの方法です。
今後はこの調整を十分活用する必要があります。


21、深呼吸なくしての治療は効果なし。

深呼吸を可能にするためには、アライメントの調整が必要となります。


22、各関節活動域を考えない治療は効果なし。

治療は全身と部位との組み合わせです。
どのように比重を置くかが治療におけるポイントとなります。


23、各靭帯・腱・関節包を考えない治療法は効果なし。
 
膝・股関節においての重要なポイントは、靭帯・腱・関節包であり補完として筋肉があります。


24、人体のリズムを考えない治療法は効果なし。

歩行動作においては、必ず全身のリズムが必要です。
ゆえに全身の正しいリズムを創ることが必要となります。


25、水中歩行は逆効果。

膝を曲げての水中歩行は、筋力強化においての効果は少ないです。
また関節に過大な負担を与えるため、行うならば両足の完全伸展において行って下さい。


26、ただ単なる泳法は逆効果。

膝・股関節に適する泳法は、背泳ぎが一番と考えます。
特に平泳ぎやバタフライは膝・股関節に損傷を与えます。


27、ただ単なるジム通いは逆効果。

膝・股関節疾患に精通した指導者がいない場合は注意が必要です。
関節の状態や関節の負担を無視した運動はやめて下さい。


28、ただ単なる運動法は逆効果。

関節を悪化させる要因を知らずに行う運動法は、関節の破壊につながります。


29、ただ単なるウォーキングは逆効果。

ご自身の能力(要領)を知らずに盲信的にウォーキングを行うことは、関節の損傷につながります。


30、ただ単なる冷却療法は逆効果。

症状の時期により治療法は異なってきます。ゆえに冷やせば良いというものではありません。


31、ただ単なる温熱療法は逆効果。

症状の時期(病期・病勢)により治療法は異なってきます。ゆえに温めれば良いというものではありません。


32、ただ単なる負荷および抵抗運動は逆効果。

損傷を増強させる場合が多く、専門家に尋ねることが先決です。


33、ただ単なる靴選びは逆効果。

膝・股関節においては、従来かかとの平らな靴(フラットシューズ)が良いとされてきましたが、
私共の経験上、ヒールは3〜4a高いものが良いようです。



ロコモティブ・トレンド

ロコモティブ・シンドロームとは何ですか?

加齢や生活動作が原因で、足腰の機能が衰えることを指します。
運動器官の障害によって、日常生活で人や道具の助けが必要な状態、またはその一歩手前の状態を言います。


どのくらいの方が、運動器疾患で介護の状態になるのでしょうか?

H12年に介護保険制度が施行されて以来、要介護認定者は増え続けています。現在、75歳以上の人のほぼ3人に1人は要介護認定者という事になっています。


要介護となる原因はなんでしょうか?

全体の約2割は運動器の障害が原因であることが分かっています。
男性は脳卒中が4割を超えて多いのですが、女性の3割近くが運動器疾患によるものです。

介護予防のためには、メタボリック・シンドローム予防と
ロコモティブ・シンドローム予防が重要です。


ロコモドックとは?

皆さんは生活習慣病と人間ドックと言う言葉をご存知ですね。
私共は、介護を受ける方にロコモ(運動器疾患)が多いという事を聞き、生活習慣病に対する生活動作病という言葉を提唱してまいりました。

これは、筋肉・骨・軟骨・靭帯関節包といった組織にスポットをあて、作った言葉です。
人間ドックに対し、運動器に対するドックが「ロコモドック」となります。

1.画像診断(X線検査・MRI・超音波)
2.血液検査
3.関節可動域
4.筋力調査
5.姿勢・動作・歩行

以上の点を全身にわたって検査し、現状並びにこれから起こりうるであろう症状・疾患・病名を推測し、みなさんの健康寿命にお役立ていただきたいと考えます。

各関節の兆候 チェックリスト

さぁ、今からあなたの関節の秘めた危険度をチェックしましょう!!


膝関節

1.ひざに強張った感じはありませんか?
2.ひざの内側、または外側に痛みや違和感はありませんか?
3.歩き始めや動き始めに、ひざが痛む事がありませんか?
4.階段の上り下りで、ひざに痛みが出ることがありませんか?
5.肥満気味ではありませんか?


股関節

1.足裏のたこ・魚の目はありませんか?
2.スカートおよびズボンの位置が正面からずれていませんか?
3.左右のお尻の筋肉の膨らみに差はありませんか?
4.お尻を後ろに突き出して歩いていませんか?
5.お尻のしわに高低差はありませんか?


脊柱

1.姿勢が猫背ではありませんか?
2.腰が反った姿勢、またはお腹を突き出した姿勢ではありませんか?
3.若い頃、ぎっくり腰をしたことはありませんか?
4.立ち仕事をすることが多いですか?
5.仕事はデスクワークが多いですか?


骨盤

1.姿勢が悪いと人から指摘されたことはありませんか?
2.長時間車の運転をすることが多くありませんか?
3.仕事はデスクワークが多いですか?
4.重い物を持つこと、運ぶことが多くありませんか?
5.床面など低い場所での作業することが多いですか?


足関節

1.歩く際、足首から先が内側または外側へ入っているような気がしませんか?
2.足の裏にタコや魚の目が出来ていませんか?
3.足の裏や甲にしびれを感じることはありませんか?
4.左右の足の大きさに差がありませんか?
5.足の親指に力が入りにくいことはありませんか?


*上記チェック項目は、著書より一部抜粋。 



*上記の項目に該当があれば、一般的には癖として見られていますが、隠された「疾病」の可能性があります。

前のページに戻る
ページの先頭へ