養成講座 受講後のお声

HOME よくある質問 お問い合わせ 当院案内 アクセス
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

HOME > 養成講座 受講後のお声

養成講座 受講後のお声

養成講座 受講後のお声

現在の研究所におけるメンバー

〜東京養成講座を修了された先生方〜

<ゆうきプログラム認定講師>
 角田俊治医師 (佐久市立国保浅間総合病院 整形外科医)
<ゆうきプログラム指導員>
 渡邊 健人 (佐久市立国保浅間総合病院 理学療法士)
 丸山 ひとみ  (佐久市立国保浅間総合病院 理学療法士)
 市川 文章 (佐久市立国保浅間総合病院 理学療法士)
 勝又 泰貴 (佐久市立国保浅間総合病院 理学療法士)



<健康関節指導士>
 田部 大弘 (おくだクリニック 理学療法士)
 阿波連 妙子 (健康運動指導士)
 佐伯 美樹 (健康運動指導士)
 金丸 仁子 (運動指導)
 石井 操 (運動指導)
 佐藤 一二三 (運動指導)
 朝倉 はる (セラピスト)
 松原 みき (鍼灸師)
 桂 里美 (ダンスインストラクター)
 鉄本 暖 (アロマセラピスト)








〜 現在の会員 〜

林 和生医師 (医学博士・福岡和白病院リウマチ・関節症センター長)
築地 典絵  (臨床心理士)

〜 外部協力者 〜

春口幸太郎  (理学療法士)
東房 佑樹  (理学療法士)
松村 英樹  (理学療法士)
松村 裕子  (作業療法士)
大沢 明雄  (鍼灸指圧師)





〜福岡の養成講座を受講して頂き、指導員の証をお渡しした先生方〜

箱嶌 大昭  (鍼灸師)
山崎 潤   (柔整師)
萩尾 寿彦  (柔整師)
本村 秀士  (鍼灸師)
茶圓 禎行  (理学療法士)
伊藤 千奈美 (トレーナー・さかしい大分 代表理事)
平野 琢也  (柔整師・鍼灸師)
清水 一寛  (柔整師)
佐藤 すみえ (運動療法鍼灸師指導士)
大島 利夫  (鍼灸師)
田部 大弘  (理学療法士)

受講修了後の方のお声

・田部 大弘氏(理学療法士)  
  ゆうきプログラムという技術を共有しより良い連携を図り、患者様に最適な治療環境を提供したいと思いました。

・平野 琢也氏(柔整・鍼灸師)
  実技中心に時間をかけていて分かりやすかった。
  今後も治療の中にどんどん取り入れていきたいと思いました。

・緒方 伸彦氏(針灸学校教員)
  実践中の内容の確認や新しい手法等再学習でき、大変ためになりました。


研究会における ゆうき膝・股関節研究所の組織表

「ゆうきケア体操(ゆうきアーティスティックセラピー)の組織図」

代  表 大谷内輝夫

副 代 表 春口幸太郎

顧  問:中川清裕・中川敬介・東房佑樹・石貫幸弘・佐藤一二三・阿波連妙子・二宮理恵・桂里美・松原三生・米澤典子

INインストラクター(ゆうきアーティスティックセラピスト)
         :佐伯ミキ・大堀千春・小林明美・下辻倫子・田中千賀子・吉村浩子・松川加代子・齋藤直美・坂本伊津子・波平京子・立花三奈・平野莉子

Lインストラクター(ゆうきアーティスティックセラピスト)
         : 佐藤すみえ・金丸仁子

アドバイザー:   小松栄作・福田利子・横山久美

NPO法人 ひざ・股関節研究所設立の趣旨

膝関節の治療と股関節の治療で日本一喜んでいただける治療師になりたくて関西にて設立したのがゆうき膝・股関節研究所であり平成21年の9月3日正式にNPO法人の認可を受けることになりました。
メンバーには福岡和白病院、関節症センター長、林和生医師や理学・作業療法士、鍼灸指圧マッサージ師、柔整師、ケアマネージャー、介護士、準会員として助産師、栄養士、薬剤師と言った様々な職種の方々が参加していただけることになりました。

NPOの目的及び内容は
【1】膝・股関節を自分で治す運動法の普及。
【2】ボランティアでの転倒防止教室の開催。
【3】ロコモティブ・シンドロームの研究として
   a/ロコモドックの研究
   b/ロコモトレンドチェックの研究

【4】膝関節・股関節の補助具の開発。
【5】膝関節・股関節のアンチエイジングはもちろん、その他の関節の研究。
【6】膝関節の治療・股関節の治療に、より一層効果的な治療法の開発を目指しております。


申請に至るまでの経過

35年前より膝・股関節の研究及び治療を専門に行ってまいりました。
しかしながら私共だけでは治療の限界が見えたこと、また普及に対する遡及力のなさを感じ
・医師「現代医学の知識と経験」
・理学療法士・作業療法士「運動学や筋肉学すなわち機能回復のスペシャリスト」
・私共の「経験医学」

といった異なる分野の三者のコラボレーションにより、運動療法による治療の普及を目指したいと考えて、そのために法人の設立を希望しました。

文科会として
@林・ゆうき膝・股関節研究会 
会長 林和生
現在のゆうきプログラムは林和生医師・角田俊治医師を中心とし、臨床心理士・作業療法士・理学療法士・看護師・管理栄養士・薬剤師・介護士。更に柔整師・鍼灸あんまマッサージ師・指圧師等といった幅広い分野からの協力と合同研究により作成しております

Aロコモティブシンドローム研究会


B新たなゆうきプログラムの開発

前のページに戻る
ページの先頭へ