1.ひざ・股関節・脊柱管狭窄症の予防に関して
   ゆうきひざ・股関節ケア体操の受講。
  (必要に応じて「ゆうき指圧」を受診して頂く場合もあります。)

2.ひざ・股関節・脊柱管狭窄症における身体の変化に気づいた時
  まず専門医の診察をうける → 「ゆうき指圧」を受診 → 結果によりケア体操を受講して頂きます。

3.ひざ・股関節・脊柱管狭窄症の病気が現れた方
  専門の医療機関及び専門の治療者による治療 → 症状が改善した場合にはケア体操を受講して頂きます。

※ケア体操を受講して頂いてる皆様方のために3ヶ月に1度、大谷内院長が可能な限り各教室を訪問しケア体操におけるフォロー&サポートをいたします。