この度、マキノ出版より
『股関節痛の94%に効いた!奇跡の自力療法(整形外科医が効果を実証!)』が 2016年1月15日 に発売されました。


お求めは全国の書店またはAmazon等にてお求めください。

本書は靱帯(関節包)をゆるめれば痛みは消えるという考えに基づいた治療法で、受診された患者さんの多くは初回の治療で小走りが可能になり、杖が不要となった方が続出。さらに手術を延期された方も多数。

また、大阪大学整形外科教授(現日本股関節学会 会長)の「手術だけが変形性股関節症の選択肢ではない!」といった推薦の言葉も頂いており、福岡和白病院 林和生医師等のご協力により昨年5月に私共のゆうきプログラムの論文が米国を本部とする「世界変形性関節症会議」におきましても高い評価を頂き、現在では手術前後のリハビリにも幅広く用いられています。


股関節でお悩みの方は、是非一度ご一読されてはいかがでしょうか。